映画とお酒の小雑誌『映画横丁』

学芸大学・SUNNY BOY BOOKSにて、『映画横丁』に出会う。

200-1

ZINE目当てで行ったSUNNY BOY BOOKS。
「いつまでいるん? 」っていうくらい、長々とお店にいた気がする。

バチッと目が合ったのが、『映画横丁』。
橋本愛ちゃん、かわええ~~~!!

映画の本かな、よし、買おう。ほぼ即決。

200-2

予備知識なく手に入れたけど、映画とお酒がテーマの本でした。
この目次のセンスよ……。

目次ですでに見入ってしまった。

「これ、大好きなやつだ……」って。

でも私、お酒を飲まないので、日本酒ゾーンは未知との遭遇であった。
映画好き、さらにお酒が好きなら、この本を最大限楽しめるはず。

お酒の知識皆無な私は「はぁ! お酒が飲めたら! 載ってるお酒、全部飲むのに~~~!! 」って、悲しくも悔しくもあり。作中のお酒なんて、今まで気にしたことなかったけど、今度から注目しちゃうな。

200-3

一番興味深く読んだのがこちら。映画と本の楽しみ方かた。

知らない映画を知る瞬間はときめく。知らない本との出会いも。(そして多分、飲む側の人であればお酒も。)

映画 そして、お酒。
ビビっと来たら、『映画横丁』へ。

映画横丁
http://eigasakaba.net/yokocho

text

 

 

 

関連記事

category

ページ上部へ戻る