ちょっとリッチ、ちょっとハッピー。そんな暮らし。

cute girls life

お金のこと

お金のこと。貯金のためにはどうやって口座を分けるのが正解なんだろう?

投稿日:

02

お金のことを赤裸々に話せるのも、リアルの人には知られないからこそ。

 

私はもうアラサーですが、あまりお金の管理をしっかりしていないタイプです。会社に給料振込み用の口座を作ってくれと言われ、色んな銀行で数々の口座を作ってきました。

 

でも、そのうちのいくつかはまったく使っていません。
そろそろお金まわりのことをしっかり整理したいので使っていない口座は解約しようかなと考えています。

 

そこで、どうやって口座を分けるのが賢いのかリサーチをしてみたのです。

今わたしが持っている口座

今わたしが持っている口座は、全部で7つ。

 

改めてみてみるとすごく多い…。実際使っている口座は3つくらい。
正直、全部活用できていないので使わないものは解約してしまおうと思います。

貯金をするなら4つの口座に分けるべし

妹が『女性が28歳までに知っておきたいお金の貯め方』という本を読んでいて、それをノートにまとめていました。それをチラリとみてみると、どうやら4つの口座に分けるのが良いらしい。

 

4つの口座を分け方は…

1.生活口座

日々の生活費を管理する口座。

  • 給料口座をあてる。

給料が入金されたら決めた額を他3つの貯金用口座へ振り替える。(←自動積立を活用する) また、公共料金やクレジットカードの引き落としもこの口座に集中させる。

 

この口座は生活費用の口座なので、使い切っていい金額のみを残すようにする。

2.緊急口座

予想外の出費に備えるための口座。病気やケガのときなど、予想もしないまとまった出費が必要なときのために備える『緊急日』。

 

金額は生活費の1~3ヵ月分が目安。

 

定期預金にして『総合口座』にすれば預金額90%までは普通預金のキャッシュカードを使ってATMで引き落とせる。

 

使ったら減った分を補充しておくことを忘れずに。

3.とりわけ口座

『特別支出』=賃料更新など毎月はかからないが1~3年単位を考えると必ずかかるお金のこと。長期休暇の旅行などの大きなレジャー代、友人の結婚式、部屋の更新料、帰省など、毎月ではないが必要なお金。

 

これは貯金というより、使うための『とりわけ』。ライフスタイルにより異なるが、年収の10~20%ほどが目安。

4.増やす口座

お待ちかねの『増やす口座』。将来のために積み立て、増やしていく口座。これが貯金である。

 

金額は手取り収入の15%が目安。

 

『安定型の商品』の銀行の『自動積立定期』と、『投資型の商品』の証券会社・銀行の『投資信託積立』を組み合わせるのが良い。

 

line40

 

なるほど~~~!!
というわけで、まずは口座を4つに減らしてみたいと思いまする。

 

まだまだ知らないお金のことってたくさんありそうだなぁ。ちゃんと考えなきゃなぁ。

女性が28歳までに知っておきたいお金の貯め方 (知的生きかた文庫―わたしの時間シリーズ)

 


スポンサーリンク

-お金のこと

Copyright© cute girls life , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.