ライオン・キング|超実写すごい。3分の2、泣いてた。

監督:ジョン・ファヴロー | 2019年

一番好きなディズニー映画。
ライオン・キング。実写化を知ったとき、「はわわ……観るまで何があっても死ねない」って思ってた。無事に公開日を迎えられて、心の底から生きててよかった、と思った。

予告をみただけですでに泣いていた私。これ、涙で画面みえなくなるやつなのでは……? という予感しかしていなかったわけです。初日! 行ってきたよ!!!!

ライオン・キング-min

あらすじ:動物たちの王国(プライドランド)の王になるべくして生まれたシンバが主人公お話。命は巡る……

point
・圧倒的! 大迫力の映像美!! これが超実写か……
・はじまりから終わりまでまばたきする間もない
・大和田伸也すごい……続投ありがとうございます
・っていうか吹替声優陣とてもよかった……

ネタバレありません。

 

ディズニーの実写化、ほとんど観ました。(全部じゃないかもしれないので、ほとんどと表現しておく)
いっっっっちばん良かった。というか、何回も言っちゃうけど私はライオン・キングが一番好きなので、最高しかなかったわけです。設定を大きく変えたり、オリジナルを加えるわけでもなく、本当に原作のアニメ版に忠実に再現されていた。それでいて、やっぱり実写ならではの表現に変わっていて、「あぁ……これが実写化ということか。」と、強く思いました。

よく覚えてるところで言えば、美女と野獣、アラジンの実写化も良かった。(アラジン、最近みたばかりなので近々記事書く!)……んだけど、中には「こういう感じで変えたかぁ」「こういう設定にしたかぁ」と、微妙に思うところがあった人もいると思うの。たしかに良かったんだけど、別物といえば別物だな、みたいな。それもまた実写化の楽しみ方なんだろうけど……。私は原作に忠実なライオン・キングみたいな実写化が好きだなと思いました。だって、名作は何度も観たくなる。実写で、アニメとは違う美しさで観られるって、それって本当にすごいこと。

ライオン・キングはね、実写になることでアニメよりも感情移入しやすくなってた。実写というか、ワンシーン以外はすべてCG……それが超実写ってことらしいけど、超実写とんでもなく素晴らしい。映画の未来、変わるぜ……

声優陣が素晴らしかったです。
吹替でみたんだけど、大和田伸也さんの続投は震えた。実際にみても、ずっと震えてた。アニメ版が好きすぎたから、そのほかのキャストには正直不安があったんだけど、文句なんかなかった。スカーの江口洋介さん、「スカーは江口さんじゃない」ってずーーーっとずーっと思ってたし、江口スカーがしゃべり始めたときもう~~~んって感じたけど、『準備をしておけ』を聴いて一変した。江口スカー、すごい……っ

全員すごかったです。実写の映像には、今回のキャストさんが最高に最高にマッチしてた。素晴らしいなんて言葉じゃ足りないくらい、素晴らしかった。大事なことなので最後にもう一回言うけど、大和田伸也さんのムファサ、やっぱりすごかった。

予告で目頭熱くなるんだから、やばいだろうなって覚悟してたけど想像を超えてました。はじまって30秒くらいですでに涙を流し始め、シンバがラフィキに抱えられるところで号泣して、それから3分の2はずっと泣いてた。途中、泣き疲れてどうなっちゃうかと思ったよ……。

はぁああ、一晩経つけど、まだ興奮の中にいる。冷めぬ熱。
来週もう1回観に行くぞ~~~~~!!

text

 

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る